• 青の洞窟とは

    青の洞窟の地形と楽しみ方

    沖縄の青の洞窟とは、どのような場所なのでしょうか。TVや雑誌でも特集があるほど、 とても人 気と注目が高まっている青の洞窟は、シュノーケルとダイビングのスポットと なっています。 青の洞窟は、沖縄本島の中央の恩納村の真栄田岬にあります。 とても長い年月をかけ、自然 の力のみで出来た青の洞窟は、太陽の光が水面から入っていき、 水面が青く輝き、この世の物とは思えないほどの、綺麗な雰囲気をかもし出しています。

    青の洞窟の長さは、大体20mくらいのトンネルのような地帯となっています。 陸の上を歩いて、入ることが可能な入り口と、海の中を泳ぎ入る入り口の2つがあることを 覚えておきましょう。更に、青の洞窟の周辺は、真っ青な海となっていて、そこには、 クマノミを筆頭に様々な熱帯魚が生息している沖縄を代表する、ダイビングのスポットと 指定されています。 ダイビングをされない方でも青の洞窟の名前を知っている方は多いのではないでしょうか。

メインコンテンツ

ユニークな地形



ユニークな地形、魚の多さは沖縄の中でも多く、初心者からベテランまで、 心置きなく楽しめるものです。陸の上では、公園のような設備があるので、 トイレ、休憩所といったものがあり、快適に楽しむことができます。 シュノーケルやダイビングの休憩などにも、景色を見ながらのんびりと楽しむ事が可能となっています。 沖縄の青い海を見渡すことが可能で、夕日が沈んで行く景色は、とても綺麗なものなのです。


青の洞窟に行く際には、ビーチから歩いて向かうコースとボートで向かうコースの2つが 設備されています。それぞれにいい所と悪い所があるので、あなたのニーズにあったプランを選択 することをオススメします。様々な面をきちんと理解して、ツアーに参加しなければなりませんね。 様々な人の体験談などを参考にして見るといいかもしれません。ボートであれば船酔いなどの 可能性もありますし、ビーチであれば疲れが溜まります。そういった事から、きちんとした考えで選択しなければなりません。


実際に安い方を選択し、疲れが溜まり後悔する人も多くいるのです。 初日に青の洞窟でのツアーを満喫したのであれば、出来れば2日目は疲れを溜めずに のんびりしていたいですよね。いくら観光と言っても、日ごろのご褒美として行く人が 多くいるでしょうから、心置きなく楽しむ事が出来る旅行にしてほしいと思います。

ユニークな地形