• 自分に合わせた青の洞窟への行き方を選ぶ

    次のダイビングショップのボードを借り方ですが、体力面で不安があ る人や、 移動の際に疲れたくない人にオススメです。 多少費用がか かりますが、歩いていくなら長い階段を下りて、さらに500m~600m歩くので、こちらの方がオススメです。 次に泳いで行く方法は、海岸線を歩いていくように長い階段を下りて、そこから泳いで行きます。

    次のダイビングショップのボードを借りるという方法ですが、体力面で不安がある人や、 移動の際に疲れたくないと思っている人には、この方法をオススメします。 多少費用がかさみますが、歩いていくのであれば、長い階段を下りたのちに、更に500mから600mも 歩くことになるので、こちらの方法の方がよいでしょう。 次の泳いで行く方法は、海岸線を歩いていくように、長い階段を下り、それから泳いで行くのです。

    青の洞窟への行き方
メインコンテンツ

自分に合ったコース選び


泳いで行くのでそれ相応の時間がかかってしまいます。ですが、 歩いていく際に細い海岸線が込んでいたりしますが、泳いで行けば 洞窟までの間に魚やサンゴを見ることができて楽しみながら移動ができるのです。次のダイビングショップの カヤックツアーを利用する方法ですが、マリンスポーツをシステムの中に含んでいる店舗が、 カヤックで沖縄の海を満喫しながら行こうというツアーがあるのです。


カヤックでツーリングしながら青の洞窟へ足を運び、そこでシュノーケリングを体験する方法が 1番選択される方法の1つのようです。歩いていく青の洞窟ですが、歩いていく場合には、 真栄田岬からのコースとなっています。そして、車を岬の整備になっている駐車場から岬の したの方へと移動する形です。長い階段を下りていきます。下に到着したのであれば、海岸沿いを 北に進んでいく方法を取ります。左側が海と考えて下さい。


いわばを進んでいくことになるので、怪我をしないように注意しながら歩かなければなりません。 少し進んでいくと、洞窟の裏側から入り口に到着します。注意しなければならないのは、 洞窟までシュノーケリングに使用する道具を、着たまんま移動するので、体力勝負です。 お年寄りや体力に自信が ないのであれば、ボートからの移動を選んだほうがいいでしょう。初心者の方で体力に自信があったとしても慣れないので、 思った以上に体力はなくなってしまいます。始めのうちはボートにしたほうがよいでしょう。何度か繰り返すうちにコツがみえてきたら、少人数にしていくとよいです。

沖縄の海を満喫