• 個人で青の洞窟に行くデメリット

    青の洞窟へ、個人で旅行しようと考える人がいますが、不安に思うことが あると思います。ここでは、車をレンタカーで借りた際、疑問に思うことについて、 紹介します。 レンタカーだと、盗難などを不安になりますよね。 さらに、個人で行く際に貴重品の管理なども不安になるでしょう。 そういった際、広い休憩所や、更衣室など、コイン ロッカーがある場所があります。 ですが、ロッカーは現在もダイヤル式でなく鍵式もいまだに多く結局はどこかへ隠さなければなりません。

    よくあるのは、車のバンパーやタイヤの裏などに隠している人がいますが、 実際に、夏に行くので あれば、人が沢山いるので、鍵を隠しているところを誰かに 見られている可能性が出てきます。 そういった際には、車の下をうろうろし、 どこに鍵を隠してあるのか、わからなくする必要が あります。 ですが、この方法は逆に目立ってしまうかもしれません。 ですので、道具を借りるのであれば、どこかのショップに 預ける方法があります。 そこのショップの受付に預ける方法を 取ったほうがいいで しょう。

    車の鍵を隠すよりも、ロッカーの鍵を隠したほうが、もしも盗まれた際には、 手間がかかるので、 盗難されにくいでしょう。もしも、ロッカーの 鍵をなくしてしまった際には、管理人にその旨を 伝えるだけでよいのです。ロッカーに免許書などを収納して置く必要があります。 そして、車の レンタカーの鍵はとても大切になるので、ロッカーの中に入れるとしても、分かりづらい位置に 何かの下などに直しておかなければなりません。 そして、1人で青の洞窟にダイビングで行くので あれば、ダイビングで使用する器材、そして、潮の動きを良く 把握しておかなければなりません。
    このように、いくら周囲に左右されたくないからといって、個人で行くのは 多少手間がかかってしまうのです。ある程度の経験を積んだ人でない限りは様々な点から一人で行くのは お勧めできないのです。

メインコンテンツ

命の危険


青の洞窟へ歩いていくなら、階段を器材を担いでいく必要があります。 また、青の洞窟まで泳いで行くなら、潮の流れを把握しておかなければ、 万が一の危険性もあります。なので、これから個人で行こうと考えている人には、あまりそのような旅行は オススメできません。


実際に、先に述べた車などの盗難よりも、命が危険にさらされるのです。なので、個人で行こうと 考えている人は、事前に沖縄の潮の流れ、洞窟の混雑具合、必要道具などを調べておかなければ なりません。必要道具の中に、万が一のことを考えて救命道具などを入れて置く必要があるでしょう。 そういった手間が 面倒であれば、ツアーを選んだほうがいいでしょう。ツアーであれば団体行動にはなりますがインストラクターが安全確保をしてくれます。

命の危険