• 青の洞窟の注意点

    シュノーケルとダイビングのツアー

    青の洞窟の楽しみ方の注意点として、シュノーケルとダイビングのツアーがありますが、どちらを選択すると いいのでしょうか。青の洞窟を1番綺麗に見る事が可能となっているのは、水面から顔を出した 状態で行う、シュノーケルだと言われています。水面から顔を出し、水面を見れば、 隅が青く輝いていて、この世の物とは思えないとても綺麗な景色が広がっているのです。 ダイビングは、洞窟の奥の方から出口を見て見ると、青い水中世界へと誘ってくれるのです。

    ですが、この景色はシュノーケルでも目にする事が可能です。シーズンとなっている時に、 青の洞窟にダイビングしに行くと、水面に顔を出したのちに、水面を見る事が出来ないことが 多々あるので覚えておきましょう。青の洞窟をシュノーケルで楽しんで、更に、ダイビングで 熱帯魚を観察する方法をオススメします。水中の世界をのんびりと楽しむことが可能なセットの コースがある店舗もあるので、そういった物がオススメです。青の洞窟は、時間や天気が関係し 青く見えないことがあるのか、と疑問に思っている人が多くいるようです。普通に考えてみると これは当然浮かんでくる質問ですよね。

メインコンテンツ

天候に影響されない



青の洞窟は日の出から日没までなら、時間は関係なく見ることができるので心配はいりません。沖縄は、日本でも南西なので東京と比較して40~50分程度 日没が遅くなっているので夕方でも明るいです。青喉靴はとても人気の場所と なっているのです。7~9月の朝8時から15時くらいまで、とても込む時間帯となっているので、余裕を持って動きましょう。


早朝8時前か15時過ぎの時間帯を選択した方がより、 スムーズでしょう。先ほど、紹介した天気への不安ですが、青の洞窟のツアーでは、 天候の影響は関係ありません。雨でも曇りでも晴れでも、条件は変わらずに見ることが 可能となっています。なので、天気面の心配はいらないですね。 更に、海の水温なども天候に影響されないので、安心出来ますね。


また、ツアーを開催している店舗によっては、早朝6時からのツアーもあるので、 調べてみるといいかもしれませんね。 一言に青の洞窟といっても、様々な楽しみ方があり、そして様々な条件や、注意点があるのです。 実際にここで紹介したのは2つだけですが、他にも色々な条件があります。なので、 実際に行こうと思っているのであれば、下調べが大切になるということをきちんと覚えて おかなければなりません。 どうせ沖縄まで行くのであれば、安全なツアーを選択したいですよね。特に沖縄の海は本州の海と生き物なども違うので、初めのうちは 安全に気を使いましょう。自身のある人でも事故に会う事も多いのが現実なのです。

天候に影響されない