青の洞窟付近の危険生物
  • 洞窟付近にいる危険生物もしっかり把握しましょう

    青の洞窟の近くには、とても危険な生物が生息していることがあります。そういった危険生物を 紹介します。この生物には、絶対に触れたり、近づいたりしないようにしてください。 最初に紹介するのは、ハブクラゲです。このクラゲに指された人のニュースなどを目にした事が あると思います。このクラゲは、大きさが1.5メートル近くあるものもいます。 性質的には、小魚の群れを追いかけ、移動しています。

    泳ぐ速度は、大体大人が歩く速度ぐらいあり、触手に触れた魚は、大抵が硬直し、動かなくなります。 更に、傘の中に共生している魚もいるようです。そして、小魚を追うので、夕方に 10匹近いハブクラゲが、それぞれ小魚を触手に捕まえ、泳いでいるのを、ダイバーなどが目に したこともあります。実際に、子供が海水浴などの時に、するバタ足の足のしぶきが小魚の ジャンプに似ているので、ハブクラゲがいきなり子供に近づいてしまう事もあるので、注意が必要です。 そして、青の洞窟でシュノーケルなどでもぐっている際に注意してほしいのが、オニヒトデです。

    青の洞窟付近の危険生物
メインコンテンツ

凶暴な生物

 


洞窟の中に100%生息していないとは言えません。基本的に夜行性なので出くわさないかもしれませんが、 日中はサンゴの裏などで身を潜めています。大きさは30cmくらいになります。 ナイフで2つに切っても、傷を修復し、2匹になるという脅威な生物です。毒があります。 次は、ヒョウモンダコです。日本での死亡例はないのですが、オーストラリアでは、 このヒョウモンダコによる死亡例があります。ヒョウモンダコは、頭の部分が大人の親指程度の 小さいタコです。起こると紫のリングが濃くなります。見た目が可愛く、大きさも小さいので、 ふと手にとってしまうと、とても危険です。8本の足の中央の口で噛みついてきます。


口は鳥のくちばしのような形です。体が小さいからといってなめてかからないようにしましょう。次は、オニダルマオコゼです。背びれの毒針があり、足で踏んでしまったら 刺が刺さってしまい毒が身体に入ります。
完治した後でも、親指などの柔骨が固まり、 指が麻痺してしまうこともあるので注意が必要です。
見た目は、周りのサンゴなどに隠れているので、 見分けるのが非常に困難です。


次は、イラモという生物です。海藻にとてもよく似た生物で、先が薄い緑色の触手をもち、その部分にふれると痛みが走り赤くなります。 肌に触れるとイラモの触手の後がつくので、イラモだと判断ができます。 岩場に素肌で触れないようにしましょう。初心者はどうしても、すぐに物に触れてしまいますが、 極力何も触らないことが安全なのです。これは沖縄の海、ということだけでなく、ダイビングを する以上はどこでも同じことです。特に沖縄の海と他の県の海では生き物が違ったりしまいますので、興 味本位で近づいかないようにしましょう。毒を持っているものも多く、最悪死亡したりするケースもあるのですで、 知らない生き物が近寄ってきた場合も刺激せずにゆっくり離れるようにしましょう。