青の洞窟にいる生物生態
  • 様々な生物生態が存在する魅力的な青の洞窟

    青の洞窟は、ここまで多くの人に知られていますが、実際は現在正式な名称などは 決まっていません。この青の洞窟という名前は、イタリアの海からもらったものです。 青の洞窟の中の奥行きは約60mくらいで、海水があるのは40mくらいです。案外、 深いですよね。始めてダイビングをする人でも、神秘の体験でき、シュノーケリングで満喫することも可能です。

    この洞窟は神秘の体験をするだけではなく、青の洞窟の中に生息している、夜行性の魚や 甲殻類といった様々な生物を見る事が可能なのです。代表的な魚で言えば、青の洞窟内を 群れを成して泳いでいる「リョウキュウハタンポ」という名前の魚や、「アカマツカサ」 という名称の魚が生息しています。そのほか、エビやカニの仲間に遭遇することもあります 。 本当に様々な生き物がいるので、洞窟の生き物と仲良くなるチャンスですよね。 ただお店からも注意されることですが、むやみやたらに海の生物に触らないことです。きれいに見える海の生き物が実は猛毒をもつ生き物だったりすることもあるからです。 事前にお店から言われる注意点をしっかり守って青の洞窟を楽しみましょう。

    青の洞窟にいる生物生態
メインコンテンツ

豊富な種類の熱帯魚

 

洞窟内部だけでなく、青の洞窟の周辺には、豊富な種類の熱帯魚がとても多く生息しています。 「ツバメウオ」は、名物の一種となっています。マンボーに似た形をしている不思議な魚です。 青の洞窟周辺には、ツバメウオ以外にも、スズメダイの仲間や、チョウチョウウオの仲間、 サヨリ、ダツ、イスズミ、ブダイ、ベラといった生物が生息しています。更に、サンゴを 観察することが可能なので、ダイビングでも、シュノーケリングでも、綺麗な青の洞窟を 体験する事が可能です。


周辺のサンゴの中には、映画で有名になったクマノミの仲間に遭遇することもあります。 青の洞窟の入り口には、みなを出迎えているかのように、出てきてくれるクマノミに 運よく出会えるかもしれませ。観光地としてもとても有名な場所なので、 ダイビングやシュノーケリングも有名ですが、そのほかにも楽しめる方法はあります。 そして、洞窟に入るためには、92段の階段を超えなければなりません。 ですが、小さい子供や、女性、体力がない人は、スタッフが器材を運んでくれるので、 安心して洞窟に入ることができます。


そして、様々な生物に触れ、青の洞窟の神秘的な光に包まれてください。
沖縄は、 気温の変化があまりないので、そういった面でも行きやすい場所なのではないでしょうか。

ですが、洞窟の内部は多少冷えてしまっているので、寒い日には、先に紹介 した生物に全て遭遇できるとは言えません。ですが、実際に、そういった生物たちは、 気温を気にせずに姿を表してくれる種類もいるのでそこまで気候や、天気に とらわれる必要 はないかもしれませんね。万が一天候が悪い時にはこのようなダイビングを優先しましょう。 一つだけでなくいくつも種類がありますので、落ち着いて決めましょうね。

豊富な種類の熱帯魚